「ほっ」と。キャンペーン

セーフティリング点検のお願い

本日、Combat 09 13.5GTモデルの機体において、スイングライン取付シーソー部から片側のスイングラインが外れるという事例が発生しました。
f0053937_20372940.jpg


グライダーセットアップ時には通常通りに付いていたと記憶していますが、セーフティーリングまでは確認していませんでした。恐らく、GTモデルの可変CGシステム付きのグライダーは、スイングラインシーソーのすぐ下にはCG可変のためのレールの台座があり、その間にVGやCG、テンションロープなどが通っているのでリングの末端が引っ掛かり、開いて欠落してしまったものと思われます。
f0053937_2042218.jpg


つきましては、AEROS社製 Combat グライダー所有者の皆様は、次回飛行前までに必ずスイングライン取付け部のセーフティリングを点検・確認してください。特に、可変CGシステムのオプションを付けているグライダーはリングの末端がロープなどに引っかかりやすい可能性がありますので確実に点検をお願いいたします。また、合わせて他の箇所のアップライト取付け部上下、スプログワイヤー取付け部などのセーフティリング使用箇所の点検と確認もお願いいたします。

少しでもリングの末端が開いている場合は、今後もロープやベルト、セールやミシンの縫い目などに引っかかり易くなり、グライダーの組み立て、解体を繰り返しているうちに欠落してしまう可能性があります。必ず次回飛行前に点検と確認をお願いいたします。

セーフティリングの末端が開いている場合はそのまま飛行せず、必ず交換してから飛行してください。不具合のあるリングについてはトップエアにて無償交換いたしますので販売店までお申し付けください。

今後、リングの末端が引っ掛かる可能性のある個所につきましては、メーカーと検討してダブルループなどのリングに変更するように対処いたします。お手数ですが、ご不明、ご心配な点につきましてはトップエア大門までお問い合わせください。

ご心配、お手数をおかけして誠に申し訳ありませんが
ご理解の上、点検と確認をお願い致します。
トップエア
大門浩二
[PR]
by topair-info | 2013-04-01 21:14


<< FLYTEC 大幅値下げ & ... 価格改定予定 >>